2021.09.09 栄養コラム『コエンザイムQ10とは』

今回は本製品『ROOT』に入っているコエンザイムQ10の説明をしていきます。
栄養の基礎知識をつけて、より良い健康生活のためにお役立てください。

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10は化粧品やサプリメントなど様々なものに含まれています。
しかし、そもそもコエンザイムQ10とはどういう働きをするのか、何が美容に効果があるか、よく知らない方が多いのではないでしょうか。

この成分は様々な製品に含まれており、健康やアンチエイジングにも効果があるといわれています。
コエンザイムQ10は細胞の中でエネルギー産生を助ける物質で私たちの生命活動を維持するのに欠かせない成分になります。
もともとこの成分は人の体で作ることが可能です。しかし、加齢とともにその生産量は減ってきてしまいます。

これまで、コエンザイムQ10はQ1~12まで発見されています。この中でも、人の体で働くのはQ10になります。代表的な働きの一つに抗酸化作用があります。

※抗酸化作用・・・リンゴやバナナなど時間がたつと色が変わってしまう現象のことを「酸化する」と言います。食品でいうと劣化することを「酸化する」と言いますが、ここでは人の話なので酸化は簡単に表現すると「酸化する=老化する」ということになります。なので、「抗酸化」とは「老化を抑える、遅らせる」という意味合いになります。
そのため、コエンザイムQ]10はアンチエイジングなど美容効果や体内を若く健康に保つための効果があるといわれています。具体的にどのような効果をまとめていきます。

『コエンザイムQ10の効果』

・エネルギーを作る助けをする

コエンザイムQ10は主にエネルギー生産にかかわる補酵素で細胞内でのエネルギー生産全てにかかわってきます。

コエンザイムQ10が体内にあることでエネルギー燃焼が良くなるため、脂肪燃焼やダイエット・美肌・冷え性や肩こりの改善などさまざまな効果が出てきます。そしてコエンザイムQ10は疲労を回復する効果もあるといわれています。
エネルギーを作るうえで重要な役割を担っているため、疲労回復の効果も期待されています。
エネルギーが不足すると、臓器やさまざまな組織の機能の低下につながり、疲労や病気の原因にもなってしまいます。

 ・健康にプラスの働きをする

また、糖尿病、高血圧などの改善および予防など生活習慣病の予防にも効果があり健康にも良い成分になっています。抗酸化作用があるので細胞の老化を防ぐことで血管や内臓系の老化を防ぎ、健康はもちろん美容にもポジティブな影響を及ぼします。

 ・アンチエイジング効果

コエンザイムQ10には優れた抗酸化作用があるとされ、体内で増えすぎた活性酸素の害から体を守ってくれます。増えすぎた活性酸素は、さまざまな病気や老化を引き起こし、肌のシミやシワなどの原因にもなります。コエンザイムQ10は、若々しくハリのある肌を保つためにも、大切な存在です。

エネルギーの産生と抗酸化という、人間が健康に生きるうえで重大な役割を担うコエンザイムQ10が不足すると、慢性的な疲れやだるさ・肌の衰え・風邪を引きやすくなるなど、さまざまな不調の原因になると考えられています。健康的な体をキープするためには、コエンザイムQ10がミトコンドリア内でしっかりと働いていることが重要です。

長々と説明していきましたが以上の理由を踏まえて、毎日を健康にストレス社会に抵抗し強い体を作るためにも本製品にはコエンザイムQ10を配合しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

一覧へ
Pagetop